COLUMN コラム

家を建てるにはいくら必要?かかる費用を項目ごとに紹介

更新日:2020.11.30

夢のマイホームを持とうと思い、いざ家を建てる計画を立てたのは良いものの「そもそもいくら必要なの?」と頭を抱えてしまう方は多いです。
事実、家を建てる費用に関しては土地や建物だけではありません。そのほかにも無数の費用が存在します。

そこで、今回の記事では家を建てるのにいくらかかるのかという点を詳しく解説します。
その際にかかる費用をまとめて解説していくので、これから家を建てようと考えている方は大まかな費用を確認してみてください。

家を建てるのに必要な費用の種類

家を建てる際に必要となる費用は多々あります。
まずはどのような費用の種類があるのか把握しなくてはならないため、大まかに分類してご紹介します。

1.建物の建築に関する費用
2.土地の購入に関する費用
3.引っ越しに関する費用
4.生活に関する費用

家を建てることはもちろん、それ以外に必要となってくる費用も多いため、総括してどれくらいかかるのかを把握しておくことが必要です。

たとえば、土地を購入して建物を建築したとしても、その後に予算オーバーとなってしまっては一気に生活が厳しくなります。そのため、総額でいくらになるのかというところは事前に計算しておく必要があります。

その中でも「家を建てる」という観点で考えると、以下のような費用の種類まできちんと把握しておくことが必要です。

1.本体工事費
2.付帯工事費
3.諸費用

あまり細分化すると混乱してしまう方も多いと思うので、ここでは大まかに3つに分類しました。
分けて考えていくことによって、より必要となってくる費用も見えてくるはずです。

以下、それぞれの費用について詳しく項目ごとに解説します。
ちなみに、家を建てる際の費用の割合はおおよそ「本体工事費7割・付帯工事費2割・諸費用1割」となるため、それら費用割合を目安に考えてみましょう。

本体工事費とは?

本体工事費とはいわゆる建物の建築費のこと指します。
家を建てる際には材料費や工事費がかかるのですが、これらすべての費用をまとめて計算する必要があります。
しかし、工務店やハウスメーカーなどによっては付帯工事費や外構工事費などもこれら本体工事費に含まれていることがあるのですが、原則としては別途で考えなくてはなりません。

では、本体工事の内訳はどうなるのかというと、主に「基礎工事・木工事・外壁工事・屋根工事・左官工事」などが含まれます。
これらの工事1つひとつに費用がかかってくるからこそ、最終的な支払総額は数千万円に及ぶことが多いのです。

本体工事費に関してはどのような家を建てるかによって数千万円単位で変わるため、具体的にいくらかかるのかは説明できません。
そこは工務店やハウスメーカーと相談しながら、打ち合わせや話し合いを重ねるのが最適です。

なお、これらの本体工事費が家を建てる際の費用としては一番大きなものとなります。
家を建てる総費用のうち約7割を本来工事費が占めると頭に入れておきましょう。
もちろん、工務店やハウスメーカーなど、それぞれの建築会社によっても若干変わります。
必ず事前に細部まで見積もりを出してもらい、オーナーの方自身が納得した上で契約してください。

付帯工事費とは?

付帯工事費とは生活を始めるために必要な建築費のことを意味します。
土地を購入して建物を建築しただけでは、生活することはできませんよね。
水も通っていなければ電気も通っていません。そういうライフラインを確保するための工事、それが付帯工事となります。

付帯工事費は本体工事費よりは費用もかからないのですが、家を建てる総費用のうち約2割を占めるのが普通です。
今後、数年数十年と生活することになるため、これらのライフラインの工事は必要不可欠となります。

では、どのような項目の工事が含まれるのでしょうか。下記、簡単にご紹介します。

1.仮説水道工事費:1~5万円
2.仮説電気工事費:3~7万円
3.仮説トイレ設置費:1~3.5万円/月
4.屋外給排水工事費:40~100万円
5.水道工事(屋内配管工事)費:10~20万円
6.電気工事費:条件次第
7.ガス工事費:1万円/m
8.廃棄物処理費:1.5~3万円
9.エアコン設置工事費:条件次第
10.解体工事費:条件次第
11.造成工事費:条件次第
12.基礎補強工事費:条件次第
13.インテリア工事費:条件次第
14.エクステリア工事費:条件次第

上記の付帯工事費はどのような家を建てるかによっても違ってきます。
ここでご紹介したのはあくまでも参考となる費用だけであって、より自由に家を建てていきたいということなら、さらに厳密な見積もりが必要となってきます。
そこは依頼する工務店やハウスメーカーごとに詳細な見積もりを出してもらいましょう。

なかでも意外な盲点となっているのが、工事の際に必要となる水道や電気やトイレなどの仮説工事費です。
これらは実際に建つ家とは関係ないものなのですが、長引く工事を遂行するためにどうしても必要となってくる費用です。
工事期間のみの臨時で設置するものですが、合計で10~20万円ほどかかるため注意しましょう。

そのほかは生活していく際に必要となるもの、すなわち今後も使っていくものを取り付けるための工事として必要となる項目となります。
これらは最低限のライフラインとして必要となるため、本体工事費とは別途で付帯工事費がどれくらいになるのか把握しておいてください。

諸費用とは?

本体工事費や付帯工事費とは別途で、諸費用についても考えておく必要があります。下記、主な諸費用となるため、こちらも計算に入れて考えておきましょう。

ちなみに、これらの諸費用は総費用の約1割を占めます。支払総額にはそこまで影響がないと感じる人もいるかもしれませんが、積み重なっていくと大金になるので、きちんと計算しておくことが重要です。下記、主な諸飛行となります。

1.登録免許税
2.印紙税
3.不動産所得税
4.住宅ローン手続き費用
5.つなぎ融資費用
6.保険関連費用
7.各種負担金
8.外構工事費

これら上記の費用がかかってくることも計算に入れておきましょう。
特に、家を建てる際にはそれぞれ税金がかかるほか、保険料などもかかってきます。
さらにはそのほかの費用もかかるため、金額にすると数十万円~数百万円ほどになることもあります。

さらには住宅ローンを組むのにも費用がかかります。それだけではなく、住宅ローンが実行されるまでの間は一時的に借り入れしなくてはならない人もいるでしょう。
たとえば、契約時の印紙代や手数料、利息などはつなぎ融資によって支払うという方も多いです。オーナーの方自身でこれらの融資についても考えておく必要があります。

特にこれらの諸費用は原則として住宅ローンで補うことができません。
現金で用意しておくことが普通なので、諸費用が意外な痛手となることもあるかもしれません。そのため、本来の予算よりも多めに用意するなど、現金でその都度支払いできるよう用意しておくことが重要です。

なお、建物以外で車庫や物置、門や塀、バルコニーやウッドデッキなどを作る場合には外構工事費というものがかかります。
夢のマイホームということでついつい「あれもこれも」と詰め込んでしまいがちですが、理想をすべて取り入れていると外構工事費だけでも相当な費用となってしまうこともあります。
どこまで理想を現実にするのか、家族や親戚などとも相談しながら決めていきましょう。

土地の費用も忘れずに

建物を建てたいといっても、土地がないことには建てられません。
そのため、家を建てるということは土地の購入もセットとなっていることを忘れてはなりません。土地に関しては坪単価でそれぞれ売買されているので、オーナーの方がどのような土地を購入するかによって費用も大幅に違ってきます。

また、これら土地の購入においては売買契約時に手付金として代金の10%ほどを支払うのが決まりとなっています。
これらは売主と買主の合意によって決められるため、その限りではないものの、手付金も合算して考えなくてはなりません。

なお、前述で諸費用としてご紹介した印紙税などは、これらの土地に関する費用となります。これら印紙税とは売買契約書に収入印紙を貼るかたちで納める税金です。
たとえば、一般的な方が建てる1,000万円以上5,000万円以下の物件の場合、印紙税は1万円となります。

そのほか、不動産仲介会社などを利用した場合は、仲介手数料の半金を支払うことも必要です。これらの場合は「(売買代金×3%+6万円)+消費税10%」を上限とする仲介手数料を支払わなくてはなりません。これらの仲介手数料は契約時と引渡時に半金ずつ払うのが一般的となりますので、忘れないようにしましょう。

その他に必要な費用はこれ!

その他にも必要な費用はあります。
「家を建てるだけで一体どれだけの費用を考えなくてはならないんだ」と思うかもしれませんが、これが最後の項目となるので、最終的にいくらくらいになるのか判断するためにも確認しておいてください。

以下、そのほかに必要となる費用です。

1.仮住まい費用
2.引っ越し費用
3.家具家電費用
4.式祭典費用
5.電話工事費用
6.インターネット工事費用

人によっては「電話は携帯電話があるからいらない」「インターネットは仕事でも使うから必須」というように条件が違ってくるはずです。
そのため、これらそのほかの費用に関してはライフスタイルによっても大幅に変わってきます。

土地を購入して建物の建築が終わるまでの仮住まいはもちろん、完成してからの引っ越しや家具家電、その他にどのような費用があるのかはメモ帳などに書き出して計算しておきましょう。

まとめ

家を建てる際、具体的にいくら必要なのかは土地や建物によって大きく変わります。
一般の家庭であれば1,000~5,000万円を目安に考えてみると計算しやすいかもしれません。

ただ、総費用の7割を占める本体工事費のほかにもライフラインを確保するための付帯工事費、そのほかにも諸費用がかかります。

どのような夢のマイホームを作るかによってこれらの費用は大きくかかるため、まずは工務店やハウスメーカーと相談して、納得したかたちで決断してください。

高仕様・高性 能な設備がすべて標準で詰まっている

お問い合わせはこちら

来店予約や資料請求、オンリーホームについてのご質問など、お電話でも承ります

0120-960-928
9:00 〜 18:00 火曜・水曜定休日
おトクな無料来店予約 キャンペーン 来店予約のメリットとプレゼント

こちらのページからの来店予約で1000円分のQUOカードプレゼント!

来店予約ページを見る
無料プレゼント中! パーフェクトフル装備住宅のヒミツと家づくりがよくわかるパンフレット

無料でパーフェクトフル装備住宅がもっと詳しくわかる資料をプレゼント中!

資料請求ページを見る